夫の失業のときにキャッシングでしのぎました

世の中、何が起こることかわかりません。
夫は小さな建設資材販売の会社を経営していたのですが、
つい先日、会社の将来に見切りをつけて整理してしまったのです。

不幸中の幸いですが、銀行からの借入がなかったし、
債務はすべて処理できていたので、借金を抱え込むところまではいきませんでした。
ただ、わが家の明日からの生活費がたちまちなくなってしまうのです。

まだ設立して2年しかたっていない会社なので、役員報酬もたいした金額はとらず、
逆に、自分の預金を会社に貸し付けているぐらいでした。
これが、もし普通の会社員でしたら、雇用保険で何カ月かはやっていけます。
しかし、夫のような取締役には、そういった保護もありません。

なんとか生活費を工面する方法を考えました。
実家に無理を言って貸してもらうのも気がひけますし、
ましてや友人や知人にはとても頼めません。
そこで思いついたのがキャッシングでした。

パートの主婦で審査が通るか不安だったが

パートでしか働いていない主婦で、しかもその配偶者が失業しているという条件で、
キャッシングが受けられるかどうか、不安でした。
ダメでもともとの気持ちで20万円のキャッシングを申し込んだら、
たいした審査もなしに、融資が決まりました。うれしかったです。

なんでも、本来は無収入であればキャッシングの審査ではねられるそうですが、
わずかであっても私にパート収入があることが、審査合格の理由であったようです。
それにしても、キャッシング以外に生活費を手に入れる方法がありませんので、
地獄で仏とはこのことかとしみじみ感じました。

キャッシング会社に感謝!!

心配していた金利も、思っていたほどではなく、夫も早く再就職先を決めて、
収入を得られるようにすれば、早い期間に返済ができます。

今回の私のケースのように、急に夫が失業した場合は、
とにかく生活費の手当てが急がれますので、キャッシングの迅速性がありがたかったです。
久しぶりに、夫の顔に笑顔が戻ってきました。

もしキャッシングをしていなければ、ずっと地獄の日が続いていたかと思うと、
あらためてキャッシング会社に感謝の思いがわいてきます。