高額融資も可能

キャッシングというと、どちらかというと少額の資金を短期間だけ
借りるのに適したものだと考えられがちですが、
高額融資に対応しているものもあります。
ただ、全体的に見れば高額融資に適したキャッシングのサービスは
あまり充実してはいないと言えます。

高額融資には条件がある

高額融資を利用するためにはいくつかの条件が必要となります。
まず限度額が大きくなければならないのですが、
これは法律による規制があるということを知っていれば
難しいことだと言うこともわかりやすいでしょう。

総量規制の範囲内でのキャッシング

総量規制が貸金業法に盛り込まれたことによって、年収の3分の1までしか
借り入れができなくなりました。
ですから、年収が600万円の人なら200万円が最大の金額となります。

貸金業法にこのような規制が導入されていますから、
貸金業者のキャッシングのサービスでは上限が定められることになります。
高額融資を利用したいというのであれば、貸金業法の適用されないサービスを
探す事が必要となります。
具体的には銀行です。銀行のキャッシングなら貸金業法が適用されませんから、
法律によって上限が定められることはありません。

金利について

もう一つ考えておかなければならないのが金利です。
多く借りたときに金利が高いと、利息負担が大きくなってしまいますから、
できることなら低金利のサービスを探す事が必要でしょう。
キャッシングの金利というと10%を超えるものもたくさんあります。
10%を超えるとさすがに利息負担は大きくなってしまいます。
7%くらいのサービスを利用することができれば有利だと言えるでしょう。
ただ、限度額が大きくて金利の低いキャッシングを利用しようとすると
審査は自然と厳しくなります。
全体的に見た場合には、店舗を持っている従来型の銀行よりも
ネット銀行のほうが審査は緩い傾向にあると考えられますから、
キャッシングで高額融資を望むときには店舗型の銀行や消費者金融だけではなくて、
ネット銀行も視野に入れて検討しましょう。