ネット申込でキャッシング

消費者金融系も、銀行系もネット申込でのキャッシングが主流になっています。
以前であれば郵送・店舗でのキャッシングが中心でしたが、
携帯電話の所有率やネット環境の充実により、与信判断や
消費者契約に関わる書面交付もネットでできるようになった面も背景にあります。

また、個人情報の確認に必要な運転免許証や保険証も、
ケイタイやスマホのカメラ機能とメール機能で手軽に送れることも
ネット申込を後押ししている面があります。
銀行系、消費者金融系、信販系ほとんどが対応をしているため
少し前まではキャッシングは消費者金融が一番なのか?という議論も多かったかと
思いますが今ではさほど機能としての差はなくなったように感じます。

ネット申込みでのキャッシングのメリット

ネット申込でのキャッシング利点は契約書面がすぐに確認できること、
誤字脱字による不備を防げる点もあります。
個人によって記入漏れや不明な記入も出てくるものですが、
ネットでの申し込みでは記入内容に不備があれば、
確認画面に進めないように設定しているため個人の内容を
しっかり把握できることができます。

そしてもうひとつ、ネット申し込みの場合店頭や無人契約機まで足を運ぶ必要がありません。
お金を借りることを誰かに知られたくない方にとっては、
店頭や無人契約機まで足を運ぶことで、誰かに見られてしまわないか
心配のひとつであったといえます。
ネット申し込みであれば、誰にも知られることなく申し込みから融資までを
完結できるという点も、大きなメリットであるといえるでしょう。

さらに最近の傾向としてあるのはネット限定の顧客サービスです。
ネット会員に登録することで無利息のサービスを実施しているところがあり、
また返済や借り入れもネットであれば手数料無料で実施している会社も増えています。
そのためネットからキャッシングを利用する際は顧客サービスの差でも
比較することがポイントになっています。

ネット申し込みで融資する側のメリット

また、融資する側の視点でみれば、店舗を構えることはそれだけ
人件費や運営経費も掛かるものですが、ネットであれば人件費を抑えることができます。
貸金業法の改正で高金利での貸し出しができなくなった現在では
いかに経費を抑えるかも重要になっているためです。

ネットであれば対応するスタッフを最小限に抑えることができ、
その分を利用者の金利に反映することもできます。
その典型例がネットバンクのキャッシングです。

加えてネット申込のキャッシングであれば、遠方からの顧客であっても
取り込める利点があります。また、来店せずに利用が可能なので
忙しく時間が取れない方も取り込める可能性があります。
これは利用者のメリットでもあるのですが、
距離と時間に関係なく利用できる、融資できる点はキャッシングする側にとっても、
利用する側にとっても便利なものとなっています。

来店不要の即日融資のメリットとデメリット